プロフィール

カレンについての自己紹介です。

Twitterもはじめました。

よろしかったらフォローいただけると嬉しいです。

子供のころ

人は死んだらどこへ行くのか、あの世は本当にあるのか、宇宙の果てはどうなっているのか、良く思索に耽っていました。

もともとの性向もあると思いますが、そんなことを考えるようになった、きっかけも良く覚えています。

昔ばなしを見ていて、悪人は死んだら地獄行き、ウソつきは閻魔様に舌を抜かれる、と知り、大きなトラウマになりました。

当時は小学校に上がったばかりで、完璧主義的なところもあって、虫けら一匹殺してもダメ、たわいのないウソ一つでもアウトと思い込んでました。

私は当然地獄行きだと思い、恐怖のあまり食器洗いをしていた母親のもとに行って泣きついてました。

どちらかと言うと、死ぬことよりも、「舌を抜かれたらすごく痛そう」と、「閻魔様がすごく怖い」、の方がトラウマでした。

それからというもの、あの世のことや宇宙の果てなどについて、それまで以上に考えるようになりました。

おかしな感覚

そんなこんなで、いつもの様に思索に耽っていたところ、不思議な経験をしました。

小五の時でした。

死んだあとのことについて、あれこれと考えていたところ、ふとある思いに至りました。

カレン
死んだあとのことなんか、生きてるうちに分かりっこない
カレン
私がいないこと以外、この世界はなんら変わることなく続くだろう
カレン
ただ、あの世がなかった場合、考えてる私もいないのであり、何も起こってないのと同じ
カレン
むしろ、いま私がこうして考えているから、世界があって、いろいろ感じている
カレン
実はこの世界も、いつもと変わらず続くのではなく、一緒に消えてしまう?

そう思った瞬間、

私がいない、有でも無でもない、宇宙の外側のような、表現どころか想像すら出来ない、良く分からない世界

にいる様な感覚に陥りました。

そんな感覚のイメージを、頭で「理解」というより、「現実の様に非常にリアルに想像した」といった方が近いです。

脳が現実と区別できず、実際にその様なイメージの世界を経験した感じ。

経験自体は何とも表現し難く、生きたまま死んでしまったような、ブラウン管TVに映っていた映像が突然「ブツッ」と消えたような、どちらかと言うとあまり好ましい経験ではありませんでした。

そんな経験をした理由

幼かったが故、無駄な知識や経験に捉われず、想像力のみで、感覚として体(脳)が理解したのでは、と思っています。

今では形而上とか便利な言葉を知ってますが、知らなかったが故に、逆に脳が感覚(経験)として理解するような形を取ったのだと思います。

何事も言葉にしてしまうと、その言葉がもつ意味やイメージの印象の方が強くなります。

かえって言葉を知らない方が、言葉による理解の代わりに、その様な理解の形を取り易くなるのだと思います。

ちなみに、私は神秘体験や一瞥体験というものは悟りとは全く関係ないと考えています。

どちらかと言うと、それは脳の機能や状態の話です。

私の経験も、単に脳がその様な理解の形を取っただけだと理解してます。

なぜ気付けないのか

ブログでも触れてますが、全てのあやまりの根源は、私の本質は思考だと思い込んでしまうことです。

思考は言葉に意味を与え、言葉を使ってものごとを理解しようとします。

思考を使った理解とは、言葉の持つ意味の範囲内に限定されます。

ちなみに、ものごとを「理解する」という能力は、思考に限ったものではないです。

たとえば、色(色に限らずあらゆるものがそうなんですが)は、見た瞬間、分かります。

そこに”青色”とか”Blue”とか、いろいろな言葉の中に”色”を閉じ込めて、思考が扱い易くしているだけです。

ただ、見た瞬間、思考が理解する前、名前や意味を付ける前から、

「青」がどの様なものか知っている
はずです。

見たまんま、というか、認識したまんまそれです。

名前なんか知らなくても、どのようなものか分かります。

他の色と並んでいれば、二つの色の違いも分かります。

が、比較した瞬間、思考に捉われてしまうので注意がいります。

ちょっとしたスキマがあれば、思考は即座に私たちを認識の世界に連れて行ってしまいます。

しかし、そこにさえ気づいて、注意深く観察をしていれば、その際も分かるようになります。

思考より先に、即時の認識があり、こちらの方が思考よりも本質を得た、真実に近い認識です。

思考を使わずとも、それを理解する能力というものを人(脳)は持ってます。

思考はあくまで、世界を認識し易いよう加工し、使い易くするためのツールであって、私の本質ではありません。

このような、即時の理解として現れる、この世界こそが、唯一の世界であって、こちらは認識できるあらゆるものを含んでいます。

ブログについて

”ある”ものは理解できますし、先達の方々が残してくれた、すばらしい知識や経験もあります。

そのようなものがあれば、自分が一からひも解くよりはやく、理解に到達することができます。

いまは非常に便利な世の中になり、さまざまな情報が、誰でも、簡単に手に入るようになりました。

また、SNSを通じて、同じような考え方や希望、悩みを持った、見ず知らずの人たちとも簡単に繋がれるようになりました。

非常に面白い世の中になったと思います。

また、そうなるに連れて、新たな興味も生まれました。

AIやいろいろな科学技術の進歩によって、この世界の在り様というものを、認識の、思考の力でもってより解明出来るようになってくると思います。

※思考自体は否定されるものではなく、いろんなことを考えたり、夢を実現するための、人間ならではの非常に優れた機能だと思います

たとえば、シミュレーテッドリアリティ(仮想現実)や、いわゆるオカルト(隠されたもの)と言わてきたものの中でも、実は、そちらが正統だった、という事例はたくさんあります。

※地動説や万有引力の法則など

とくに、シミュレーテッドリアリティ(仮想現実)やブレイン・マシン・インタフェースなどは、私が子供の頃から夢想してきたあの世の存在を、想像もしてなかった形で実証してくれるような気がします。

そんなことを考えていると、知的好奇心が刺激されて、楽しくなってきます。

また、最近は仏教や禅についての考え方に触れる機会があり、面白そうだなと感じています。

カテゴリーについても、思いつくまま、いろいろな興味がある分野についても、私なりの視点から考察してゆきたいと思います。

このブログをはじめた理由

大人になるにつれ、意外と同じような考えの方が多くいることを知りました。

嬉しかったです。

同じような体験をした人がいないか、また、その経験の意味を何とか自分なりに理解しようと、いろいろな書籍やサイトを見たりもしました。

似たようなことを言ってるサイトはたくさんありますが、求めているような説明はあまりありませんでした。

人の言ったことの単なるオウム返しだったり、なぜそうなのか、具体的にどうすれば良いのか、どう考えれば良いか、その様に言う根拠は、肝心な知りたいところが抜け落ちてることが多いです。

(思考を消せ、とか、無になれ、とか、宇宙と一つになれば幸せとか、言われて分かれば苦労ないです)

もちろん、素晴らしいものもたくさんありますが、他の書籍やブログとは違う、私なりの視点や切り口が、何かしらの参考になればと思いはじめました。

ちなみに、私は仏教など宗教の知識はなく、禅や瞑想などとも無縁の人間です。

※座禅はちょっとしてみたいです。

その様な背景もあって、何か他とは違った、訪問いただいた方の知見の一つになるようなものがあれば幸いです。