大人になればなるほど

悟り(PNSE、継続的非記号体験)

見ているようで見ていない。

と言うか、見えていない。

過去の記憶と照らしあわせ(同じものを何度も見たことある)、見る作業を省力化している。

見たつもりになっている。

もったいない。

見るたびに新しいし、一度きりなのに。

前とは違う。

スポンサーリンク