悟りを「得る」ことは出来ない

非二元

悟りを「得る」ことなんか不可能なのに、もう何年も何年もそれに向かって努力している人たちがたくさんいる。

ただ、目の前のものが「ある」だけなのに、いくら目を凝らしても、そこには何も「隠されてるものなんてない」のに、必死に探そうとする。

理解したい、知りたいという、思いが目の前にあるものを見えなくする。

むしろ、自ら隠している。

それしかないのに、それじゃない、と言って、ありもしないものを必死で探してしまう。

そこに気付くだけ、というか自ら隠さなければ良いだけ。

悟りについてまとめています
・悟りとは https://wp.me/P9Z3l7-oc
・悟りを開く方法 https://wp.me/P9Z3l7-pj

RSS note | カレン

  • 瞑想難民と思考停止についての考察 2019年8月19日
    瞑想難民と言う言葉をツイッターをやり始めて知った。どういうものか、誰の言か、未だ良く分かっていないのだけれど、 […]
  • 悟りとは(PNSE、継続的非記号体験) 2019年8月18日
    悟り(PNSE、継続的非記号体験)とは自身の本質が明らかになること。以下の様な自覚が現れます。続きをみる
  • プロフィール 2019年8月18日
    カレンについての自己紹介です。子供のころ続きをみる
  • 蟻に知性(魂)はあるか 2019年8月17日
    単純な反応が組み合わさるだけで、全体として一つの(意思ある)生命の様に見えることがある。魚のベイド・ボール(W […]
  • noteをはじめてみる 2019年8月17日
    ブログと並行してちょっとチャレンジ。ツイートでは足らず、ブログまでいかない様な、ちょうど良い感じで使えるかも。 […]