当たり前すぎて気付けない

非二元

探しものは、すぐ目の前にあるのに。

あまりにも当たり前すぎて。