「こころ」の在りか

悟り(PNSE、継続的非記号体験)

大半の人は、私は自分の体の内側、頭の中にあると思っている。

特に「私」を意識するとき。

美しい風景に「心を奪われている時」、私は体の内側にない。

在るのは目の前の風景のみ。

もっと言うと、体の内側はなくなっている。

後ろと言うものもない。

スポンサーリンク