「未来」は実在するか?

時間

未来とは過去の記憶や経験に基づく予測でしかない。

いま頭の中で想起しているだけ。

いま頭の中にあるだけ、ただの思考の産物。

ほとんどの人が「いま」という時間の延長線上に、未来という時間が「実在として」在ると思っている。

近い未来であるほど、予測と実際に起こる出来事が似通っているため、起こる前から確定した未来が実在していたと思い込んでしまう。

いくら似通った出来事でも、予測したままその通りではない。

思考が想起した未来と、実際に起こった出来事とは全くのべつもの。

お互いは分断されている。

なんの関連性もそこにはない。