立体を平面に見る方法

思考

目の前の風景を見ると、立体的で奥行のある世界が広がっている。

そのような世界があるとして、目に映る写像自体は立体か?

例えば、同じ風景でも写真に写る世界は平面に見る。

紙一枚に像が映っていると、思考が意味付けしているから。

目の前の風景はというと、薄っぺらい網膜の上に映っている。

写真と同じ。

写真は紙一枚と見るが、目の前の風景は、体の外側にある世界と見る(網膜の上ではなく)。

網膜の上の写像に、この像は体の外側の世界で、奥行きがあって、立体的で、ここからあそこまでは何km位でとか、思考が意味づけしている。

写像自体に奥行はない。

思考が見た後、意味を付けているだけ。

奥行、距離は概念に過ぎない。

目の前の山の裏側は見えない。

スポンサーリンク