今にとどまるの「今」はどんな「今」?

時間

今にとどまる、今にとどまらなきゃ、と(思考が)言うときの「今」と、いわゆる「今」とは全くのべつもの(う~ん、何というか・・)。

一番それらしい表現として使っているだけ。

思考や会話で使われる、あるがままを表す「今」には、時間的なものを感じるし、そもそも「今」しかないと言いつつ、時間はないとか矛盾してるし、良く考えれば表現からも(違うと)読み取れるはずではあります。

どうしても、言葉や表現の持っている「今」のイメージに引っ張られるので、なんだかんだ言っても無意識に時間的な「今」をまだ想起している。

このブログでも度々「今」という表現を使用しているので、いまさら何なんですが、、時間的なイメージに捉われる方が多いです。

頭では分かってるけど、という方でも、意外と盲点になっているところです(時間的な今を求めている)。

RSS note | カレン

  • 瞑想難民と思考停止についての考察 2019年8月19日
    瞑想難民と言う言葉をツイッターをやり始めて知った。どういうものか、誰の言か、未だ良く分かっていないのだけれど、 […]
  • 悟りとは(PNSE、継続的非記号体験) 2019年8月18日
    悟り(PNSE、継続的非記号体験)とは自身の本質が明らかになること。以下の様な自覚が現れます。続きをみる
  • プロフィール 2019年8月18日
    カレンについての自己紹介です。子供のころ続きをみる
  • 蟻に知性(魂)はあるか 2019年8月17日
    単純な反応が組み合わさるだけで、全体として一つの(意思ある)生命の様に見えることがある。魚のベイド・ボール(W […]
  • noteをはじめてみる 2019年8月17日
    ブログと並行してちょっとチャレンジ。ツイートでは足らず、ブログまでいかない様な、ちょうど良い感じで使えるかも。 […]