経験しないと問題を意識できないし生まれたら一度は悩むことになっている

思考

誰でも知識が増えれば分別も生じ、モノゴトに優劣が出来始める。

たえず選択を迫られ、葛藤も生じる。

一方を選択すれば、他方はあきらめなければならない。

当たり前のことだけど。

選択には趣向が影響するし、快・不快の感情が伴うので、選択対象に捉われる(執着する)ようになる。

一方はより望ましいけど、他方も捨てがたい。

分別を起こすのは思考であって、これに感情が関係するから、なおさら厄介なことになる。

モノゴトの本質が良く見えなくなる(恋は盲目)。

人として生まれてきたなら、誰でも一度は経なければならない、精神的な過程であって、思考を使うが故に当然の帰結とも言える。

RSS note | カレン

  • 瞑想難民と思考停止についての考察 2019年8月19日
    瞑想難民と言う言葉をツイッターをやり始めて知った。どういうものか、誰の言か、未だ良く分かっていないのだけれど、 […]
  • 悟りとは(PNSE、継続的非記号体験) 2019年8月18日
    悟り(PNSE、継続的非記号体験)とは自身の本質が明らかになること。以下の様な自覚が現れます。続きをみる
  • プロフィール 2019年8月18日
    カレンについての自己紹介です。子供のころ続きをみる
  • 蟻に知性(魂)はあるか 2019年8月17日
    単純な反応が組み合わさるだけで、全体として一つの(意思ある)生命の様に見えることがある。魚のベイド・ボール(W […]
  • noteをはじめてみる 2019年8月17日
    ブログと並行してちょっとチャレンジ。ツイートでは足らず、ブログまでいかない様な、ちょうど良い感じで使えるかも。 […]