執着を離れるということと諦めるということの違いについて

思考

モノゴトに捉われなければ執着しなくなる。

執着を離れるということは、なぜそこに捉われているのか、原因の本質が正しく見えているということ。

周りとの、あらゆる関係性について、オープンで、本質的な理解がある。

一方で、諦めや無関心から、執着していない様に見えることもある。

厭世的になり、感情も伴わず、自ら周りとの接触を閉ざす。

対象から分離することで、思考停止となり、反応しないようにモノゴトに蓋をする。

スポンサーリンク