真実の見え方は人によって異なる

悟り(PNSE、継続的非記号体験)

各人がものごとの関係性をどう見るか、によって真実の見え方は異なってくる。

最終的に全ての関係性が消え去ったとき、深い理解がある。

関係性の本当の意味が分からず、そこに捉われているとき、限定的な理解しかない。

両者では見え方が異なるが、現実に見ている世界は同じ。

スポンサーリンク