「今」現前しているものが全て

悟り(PNSE、継続的非記号体験)

目の前に見えている風景。

それ以外にも、過去訪れたことのある場所、見たことのある風景、TVで紹介されていた場所、「どこかここではない場所」が実在していると思っている。

後ろを振り向けば、今は見えないが、見慣れた風景があるはずと思っている。

それらは全て思考を介した抽象的な観念に過ぎないですよ。

今、この瞬間に知覚し得ているものが全て。

後ろを振り向いた瞬間、新たに見える風景が今の真実となって、さっきまでの風景は観念(記憶)に後退する。