思考は同一化しようとする働き

悟り(PNSE、継続的非記号体験)

「私は世界」とか「一なるもの」とか、外に向かってやってみても、思考のなかに留まっているだけ。

思考は見たいものを見て、なりたいものになるだけ。

思考は「なにものか」になろうとする働き。

悟りや真理とは関係ない。

どこまで行っても思考のまま。

スポンサーリンク