クモは教わりもしないのに巣のはり方を知っている

悟り(PNSE、継続的非記号体験)

知識や経験などの記憶が、外部の刺激と反応し思考が生じる。

刺激に対し決まった反応を示すだけならコンピューターでも出来る(関数の様に決まった値を返す)。

私とは、ただの情報処理とも言えるが、それ以上の何かである気がする。

いかなるものにも代えがたい、何か特別で、重要で、とても大事にしなければならないもの。

私を私たらしめるもの、人生とは何か特殊で、尊い目的があって、大事にしなければならないと思わせるもの。

なぜその様に感じるか、とても不思議に感じるが、ただの生存本能にすぎない。

生の目的とは、人生の中で探し出したり、作り出したりするものではなく、ましてや良い悪いが在るはずもなく、全ての生物が等しく、もうすでに持っている。

思考はそこを取り違えて、人の知性では手に余るような、とても特別で、神性なものとして、自ら覆い隠し、見えなくしてしまう。

※思考させるのに都合がよい

人としての私を突き動かす衝動は、私は「生きたい」「存続したい」、という本能に他ならない。

この世に生を受けてから、ずっと私を突き動かしているもの。

あらゆる選択を強いられたり、その可能性や結果について、喜んだり、悩んだり、なぜそんな経験しなければならないのか。

より良く、長く、生きたいがため。

生は一度きりだし、時間は返ってこない。

今ある「これ」が全て。

あわせて一つ(田宮良子)