まじめで責任感が強い人ほど

人間関係

私がなんとかしなければと、と考えがち。

うまく行かなかった時も、私に問題があると考えてしまう。

「やるべきこと」や「義務」ばかりが増えてゆく。

思考は絶えず、心配事で満たされてしまう。

意識していても、していなくても。

「しないようにする」ことも、意識することだから。

それについて思考し、結果、悩みを深くしてしまう。

もがけばもがくほど、どんどん網に絡まってしまう。

なぜ、私がやらなければならないのか、私でなければならないのか。

そこはあまり考えることはない。

他の人の方がもっと上手に、早く、出来るかもしれない。

本当はお願いしたいのだけれど、お願いしずらくて、つい私が引き受けてしまっているのかも知れない。

「やるべきこと」や「義務」は、絶えず、何をしていても、「こころ」のどこかに蟠りを生じさせる。

自分でも気付いていないことも多い。

集中力も欠き、「今ここ」とはかけ離れ、精神は浮遊してしまう。

ミスも増え、更に悪循環に陥ってしまう。

また周りに迷惑をかけてしまったと、自己嫌悪に陥ったりしてしまう。

自分では如何ともしがたく、文字通り、神仏にもすがりたい気持ちになる。

ただ、そうすると、そもそものスタート(前提)が、何かから解放されたい、逃れたい、という目的ありきとなってしまう。

どうしても、そのような欲求が、巧妙に、絶えず形を変えながら、気付かれないように、私のこころの奥底にひっかかっているものだから、どうしても腹落ちしない。

目的に向かっている(と感じる)とき、(実際はどうあれ)進んでいると錯覚しがちであるから、ことを更に複雑にする。

本当の原因を尚更に見えづらくする。

一番大事なことは、ただ、只管に自己と向き合うこと。

そうしたい、そうなりたい、と思っている、本当の原因(動機)を明らかにすること。

見たくないこと、フタをしておきたいこと、とも向き合う必要がある。

向かってゆく過程自体を楽しみたいだけなのであれば、そうすれば良いだけ。

そうではないのなら。

スポンサーリンク