興味や関心の向き先は人や状況によって様々

悟り(PNSE、継続的非記号体験)

注意の向く先が内か外か、と言えば、知識や経験の多寡による。

子供の頃は外に向かって注意を向けやすい(内が乏しいから)。

知識や経験に乏しい(子供の)ころは、外部(環境)を観察することで生きる術を学んでゆく。

子供の吸収の速さを乾いたスポンジに例えるけど、浸透圧的にいろいろなものが外⇒中へと流し込まれてゆく。

大人になるにつれ、たっぷり水を含んだスポンジのようになる。

外へ注意を向けようとしても、内にあるもの(知識や経験)で自己完結する(思い込む)ようになる。

どんな好物でも、お腹一杯で、もう見るのも嫌な感じ。

ただ、これまでに得たものは、正しいかも知れないし、間違っているかも知れない。

水を絞り切って、新しいものに入れ替えないと、と考えるかも知れない。

ただ、入れ替えたものも、正しいとは同じように言えない。

そもそも、知識や経験や考え方というものは、立場や状況によって様々ある。

限定された状況でものを見たって、ある時は正しくても、ある時には間違いということもある。

全てを経験し、知ることなんか出来ないし、そこに答えを求めようとしても、同じことの繰り返し。

海の水をスポンジで吸収しようとするようなもの。

むしろ、主は海の方であって、スポンジじゃない。

海に浮かんだスポンジのように、普段は空気の存在を意識しないように。

たっぷりあるのにないと言う。

RSS note | カレン

  • 瞑想難民と思考停止についての考察 2019年8月19日
    瞑想難民と言う言葉をツイッターをやり始めて知った。どういうものか、誰の言か、未だ良く分かっていないのだけれど、 […]
  • 悟りとは(PNSE、継続的非記号体験) 2019年8月18日
    悟り(PNSE、継続的非記号体験)とは自身の本質が明らかになること。以下の様な自覚が現れます。続きをみる
  • プロフィール 2019年8月18日
    カレンについての自己紹介です。子供のころ続きをみる
  • 蟻に知性(魂)はあるか 2019年8月17日
    単純な反応が組み合わさるだけで、全体として一つの(意思ある)生命の様に見えることがある。魚のベイド・ボール(W […]
  • noteをはじめてみる 2019年8月17日
    ブログと並行してちょっとチャレンジ。ツイートでは足らず、ブログまでいかない様な、ちょうど良い感じで使えるかも。 […]