モノの裏側には何があるか

思考

目の前の綺麗な景色を見ていても、見ているようで見ていない。

知識が増えてくるほど、そのものを直に見ることが少なくなる。

この山の向こうには何号線が走っていて、おいしいラーメン屋さんがあって、更にその先何kmに自宅がある、とか。

目の前の風景に頭の中の景色を重ねてる。

子供の頃なんかはやっぱり山を見ている。

向こうがどうなっているのか、分かってなんかいないし、そんなものより目の前にあるモノに注意が向きやすい。

木がいっぱい生えているなぁ、とか、緑が綺麗だなぁ、とか。

絵や写真の風景なんかもそのまま見やすいなぁ。

その瞬間の描かれたもの、撮られたものが、それだけが切り取られて、収められているから。

写真に映っている山の向こうに何がある、とかあまり関心が向かないし。

特にどこの風景かも知れないような写真や絵は。

今ここに集中している時、見えているものの裏側はない。

「今」振り向いたら、いつもの景色は見える?

スポンサーリンク