全てがただの投影だったら

思考

まわりは特撮映画で使われるような、真っ青で何もないスクリーンだけ。

見渡す限り。

自分は真ん中にぽつねんといる。

この世界はスクリーンに投影された幻影。

まだ、自分は以前のまま実感のある存在かもしれないが、それもまやかしかも知れない。

すると、何が「ある」のか?

何が残るのか?

映し出しているのは自分の脳。

しかも、映し出しているようで、主体的にアウトプットがあるようで、実は反応しているだけ。

過去の記憶やいま受け取っている外部からの刺激に。

新しいインプットがなければ、それも次第に弱まってゆく。

しばらくしたらそれもなくなる。

虚無。

RSS note | カレン

  • 瞑想難民と思考停止についての考察 2019年8月19日
    瞑想難民と言う言葉をツイッターをやり始めて知った。どういうものか、誰の言か、未だ良く分かっていないのだけれど、 […]
  • 悟りとは(PNSE、継続的非記号体験) 2019年8月18日
    悟り(PNSE、継続的非記号体験)とは自身の本質が明らかになること。以下の様な自覚が現れます。続きをみる
  • プロフィール 2019年8月18日
    カレンについての自己紹介です。子供のころ続きをみる
  • 蟻に知性(魂)はあるか 2019年8月17日
    単純な反応が組み合わさるだけで、全体として一つの(意思ある)生命の様に見えることがある。魚のベイド・ボール(W […]
  • noteをはじめてみる 2019年8月17日
    ブログと並行してちょっとチャレンジ。ツイートでは足らず、ブログまでいかない様な、ちょうど良い感じで使えるかも。 […]