生物学的構造を模した機械と生命に違いはあるか

思考

カメラや集音機を接続すれば、見たり、聞いたりすることも出来る。

記憶装置があれば、記憶(記録)も出来る。

それでも魂があるとは思えない。

”魂”の有無が一つ大きな違いに思える。

”魂”は“意思”と似ている。

“私”は、私には意思(魂)があると感じる。

“私”は、私以外の他人やモノにすら、意思(魂)があると感じる(生物や非生物を問わず)。

例えば、

  • マンガや小説の人物に意思を感じる
  • スクリーンに映る人物の(ただの)映像に意思を感じる
  • 魂が乗り移った人形に意思を感じる

”私”は、そこに意思の存在を感じるかも知れないが、だからと言って“それ自体”に意思があるとは限らない。

”私”に意思はあるか?

”意思”とは何か?

RSS note | カレン

  • 瞑想難民と思考停止についての考察 2019年8月19日
    瞑想難民と言う言葉をツイッターをやり始めて知った。どういうものか、誰の言か、未だ良く分かっていないのだけれど、 […]
  • 悟りとは(PNSE、継続的非記号体験) 2019年8月18日
    悟り(PNSE、継続的非記号体験)とは自身の本質が明らかになること。以下の様な自覚が現れます。続きをみる
  • プロフィール 2019年8月18日
    カレンについての自己紹介です。子供のころ続きをみる
  • 蟻に知性(魂)はあるか 2019年8月17日
    単純な反応が組み合わさるだけで、全体として一つの(意思ある)生命の様に見えることがある。魚のベイド・ボール(W […]
  • noteをはじめてみる 2019年8月17日
    ブログと並行してちょっとチャレンジ。ツイートでは足らず、ブログまでいかない様な、ちょうど良い感じで使えるかも。 […]