私という実体が存在しなければ、なぜ在ると感じるのか?②

悟り(PNSE、継続的非記号体験)

どのように分別しているか解れば、その逆(分別しない)も解る

分別することで私(主体)が生じるが、いつ、どのように生じたのか

生まれたばかりの赤ん坊は、意識的に注意を向けたり、感覚を味わったりしない(主体的な自我はまだない)。

はじめは誰でも無我に近い(自己認識に乏しい)状態だったはずが、気付いたら「私(自我)」が生じている。物心が付き始めた頃の(自我の)生成過程を振り返ってみることで、自己を観察しやすくなるかも。

生じてしまった自我を滅するのではなく、どうやって生じるのか、仕組みを見抜く(看破する)ことで、それに捉われなくなる。

世界(環境)からの刺激に繰り返し反応することで、自然と私(自我)が生じてくる

生命は感覚(人なら五感)を持って生まれてくる。網膜に電磁波が触れたら見えるし、鼓膜に空気の振動が触れたら聞こえる。

※ちなみにあらゆる感覚(視覚、聴覚、嗅覚、味覚)は、触れて感じるから触覚(だけがある)とも言える

赤ん坊に「私が見てる」、「私が聞いてる」という主体的な意識はなく、ただ、「見えている」、「聞こえている」という経験があるだけ。

その経験が積み重なることで、自然と私(自我)という主体が生じてくる。

なので、経験していくだけでなぜ自我が生じるかが解れば、その過程を遡って、前の状態(源流)を理解し易くなる。

その前になぜ私という自我を生じさせる必要があるのか

なぜかと言えば、生きるために必要(な機能)だから。世界(環境)と一体のままであれば(極端に言えば生まれなければ)、苦もないけど、生まれたからにはいろいろやらなきゃいけないことがある。

生きることが目的であれば、生きてる時点で目的は達せられているとも言えるけど、より良く、より快適に、より長く、という衝動(本能)に絶えず突き動かされる。

そのためには他に働きかける必要があるし、自らを環境から分離し(自我を生じさせて)、ものごとを二元的に(分別して)扱う必要がある(知恵の樹の実)。

生きるために自我が必要として、なぜ経験するだけで私(自我)が生じるか

もし、何の変化もない、瞬間だけの世界であれば、私は生じない(そもそも生命が生じない)し、分別も意味もない。ただ、あらゆる事物やモノゴトは常に変化し続けている。

赤ん坊は、ほぼ強制的に見え続けることで(見続けるじゃなくて)、瞬間の風景が経験(情報)として蓄積されてゆく。

たとえ変化の少ない、同じ様な風景が続いてるだけだったとしても、情報量が増すことで「差」に気付きはじめる。たとえば「大きなもの」は「小さなもの」より視覚的な印象が強い(情報量が多い)。「気付く」と言うより、情報量に偏りが生じはじめる。一旦差が生じれば、僅かな高低差でも水が流れるように、重力の強い方へモノが引っ張られるように、モノゴトに流れが生じはじめる。

全てのモノゴトには情報量の差があるから、あらゆる感覚について、大きな反応、小さな反応として差(区別)や比較が起こりはじめる。大きな刺激(情報)に対しては、大きな反応として、注意が惹かれやすくなる(生まれたての意識のようなもの)。

初めは大雑把な差だけでも、次第により細かな、小さな区別や種類ができてくる。例えば、大きな木が見えたとき、一瞬見えただけでは、一本の木という大まかな区別しかない。見続けることによって(瞬間が増えることによって)、より細かな部分(枝葉)に気付きはじめる(情報量が増えれば解像度も上がる)。

すべてのモノゴトは、注意の引きやすいもの、そうではないものとして、主従の関係(幹と枝葉とか)で結ばれはじめ、観念的な世界観が拡がっていく。

観念が増えすぎても不便なので、階層的な構造を作りはじめる

単純な観念(幾何学的な〇と×とか)を区別するのは容易でも、複雑な組み合わせになるにつれ難しくなる。すると、最も本質的な性質だけを切り離し、抽象的で、一般的な概念(植物とか)を作りはじめる。たくさんの観念を同時に扱うことは(容量的に)できないから、似たようなものの中から共通点を抜き出して、種類毎にまとめはじめる。

このような区別の仕方は、単に理解の仕方において区別された抽象的な概念にも関わらず、あたかも実体として実在するかのような(私や木という固有の実体があるような)錯覚を持ちはじめる。これらの概念が複雑に絡みあうことで、そもそもの在り方がどうであったか、はじまりはどのような認識であったか、いまある認識はありのままの認識なのか、概念を実在と混同しているのか、何が元からあるもので、何か後から付け足されたものなのか、区別することが出来なくなる。

あまりに複雑に絡み合ってしまった思考の束を、その発生期限まで、生成過程を逆に遡りながら解してゆくことで、はじまりの認識がどのようなものであったか追跡しやすくなる。そのためにはただ只管に自己を観察して行くしかない。