思考は記憶で、記憶に実体がなければ、思考に実体があると言えるか③

悟り(PNSE、継続的非記号体験)

眠ると意識が消失し、起きると意識が生じる(ように感じる)。

意識があるから、見たり、聞いたり、嗅いだり、味わったり、出来ると考えている。

意識の存在を前提し、私の意識が、「あれこれ」と行為していると思っている。

そうではなくって、逆から考える。

(身体が)目覚めると、五感が開き、刺激(水)が脳(コップ)に流れ込み、水はコップの形(私)になる。

私はいつも(寝ても覚めても)、水の中に、どっぷり浸っている。

私の意識がないときでも、絶えず、私(水)はあらゆるところに遍在している。

ここで言う水は、「無」とか「存在」とか、そんな感じ。

赤ん坊のコップは皿みたい。