思考はどこから湧いてくるのか

思考

事物が目に触れたら見えるし、耳に触れたら聞こえる。

(何かの縁が)意に触れたら思いが生じる。

五感までは物理的だから何となく感覚的に理解出来る。

※因みに前も触れたけど、感覚は全て触覚とも言える。

何が意に触れているか。

触れたという事実があるということは、何かの動き(働き)があったということ。

何かが動いて意に触れたということ。

私は動いていなくても、他のあらゆるモノ(世界)の方が常に動いて変化している(諸行無常だから)。

世界の方が動いて意に触れている。

見るではなく、見えている。

思うではなく、思えている。