時間と行為について

時間

時間や行為は「私」が生じた後、後付けで意味を付加したもの。

時間とは、あの時から今まで、いつからいつまでと、対象となる期間を切り出し意味付与したもの。

時間の質や長さは一定ですらない。

「今」とは、この瞬間を言うこともあれば、「先ほどまで寝ていたが「今」は起きている」、というように起きてからの数時間も「今」になる。

行為とは、不断に続いている現象の一部を切り取って意味付与したもの。

例えば、腕が左から右に動く働きを、「手を振る」として意味付与する。

同じ働きは1日に何度も生じるが、意識が「手を振る」と意味付与をしなければ、同じ動きでも同じ行為にはならない。

常にうつろい変わりゆく、一連の働きの流れの中から、一部を切り取って意味付与したもの。

意味付与しなければ行為もなく、行為する人もいない。

「行為と行為者」と「自由意志」は存在しないという概念は、直観的に最も受け入れ難い考え方の一つです。

自由意志について 

自由意志がないのであればなぜ自我があると感じるのか?

RSS note | カレン

  • 瞑想難民と思考停止についての考察 2019年8月19日
    瞑想難民と言う言葉をツイッターをやり始めて知った。どういうものか、誰の言か、未だ良く分かっていないのだけれど、 […]
  • 悟りとは(PNSE、継続的非記号体験) 2019年8月18日
    悟り(PNSE、継続的非記号体験)とは自身の本質が明らかになること。以下の様な自覚が現れます。続きをみる
  • プロフィール 2019年8月18日
    カレンについての自己紹介です。子供のころ続きをみる
  • 蟻に知性(魂)はあるか 2019年8月17日
    単純な反応が組み合わさるだけで、全体として一つの(意思ある)生命の様に見えることがある。魚のベイド・ボール(W […]
  • noteをはじめてみる 2019年8月17日
    ブログと並行してちょっとチャレンジ。ツイートでは足らず、ブログまでいかない様な、ちょうど良い感じで使えるかも。 […]